お金借りる

派遣社員も消費者金融からお金を借りられます!が、借りる際の注意点とどのくらい借りれるのか、在籍確認などについて丁寧に説明します。

派遣社員でも消費者金融で借りれます

「派遣社員だと消費者金融やカードローン会社からお金を借りられないのでは」と諦めていませんか?

派遣社員でも、もし年収が低くても消費者金融やカードローンを利用することはできます。

ただしいくつか注意点があります。

今回、派遣社員が消費者金融からお金を借りるときの注意点や気になる「在籍確認」についてまで解説していきます。

これで、派遣社員のあなたもピンチな時には消費者金融からお金を借りることができますよ!

お金借り太郎
お金借り太郎
もちろん注意点がありますのでしっかりご覧になってくださいね。
この記事で伝えていること
  • 派遣社員でも消費者金融からお金を借りれます
  • ただし年収の3分1まで
  • 在籍確認もあります
  • その他派遣社員がお金借りる際の注意点

結論!派遣社員も消費者金融からお金は借りられる!

派遣社員も消費者金融から借りれます

結論から言ってしまうと、派遣社員も消費者金融からお金を借りることはできます。

しかし、借りるための条件があるので、しっかりおさえておきましょう。

各消費者金融の申し込み条件とは

どこの消費者金融も「20歳以上で安定した収入」があれば借入可能となっています。

年収が低いパートやアルバイトであっても、安定した収入があると判断されれば審査に通る可能性があります。

安定した収入とは?

安定した収入とは、継続的に一定の収入を得ていることをさします。

派遣社員として働き、毎月給料をもらっている人は、安定した収入を得ているとみなされます。

派遣社員でも総量規制内の金額までは借り入れできる

消費者金融で借りることができる上限金額は、貸金業法の総量規制により、年収の3分の1までとされています。

年収の高低に関わらず、年収の3分の1までというルールは変わりません。

 

必要最低限の金額で借りるようにしよう!

年収の3分の1というのは上限金額です。

これを超えると借りることができなくなるということは、返済が困難とみなされるということです。

上限めいっぱい借りられるだけ借りてしまおうとは考えず、必要最低限におさえ、無理のない返済計画を立てることが大切です。

派遣社員が消費者金融で借入をする際の注意点

派遣社員が消費者金融で借入をする際は、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。

在籍確認がある

在籍確認とは、申し込み時に申告した勤務先に本当に在籍しているかどうかを消費者金融会社が確認するものです。

虚偽の申告をしていないか、返済能力のある仕事についているかを確認します。

通常は消費者金融が職場へ電話をかけて行います。

申し込み時は派遣元の会社名の記入をする

派遣先に消費者金融から電話が入って気まずい思いをするのは避けたいですよね。

また、派遣先が変わることも、派遣社員であれば頻繁に起こります。

なので、派遣社員は勤務先を申告する際、派遣先ではなく、所属している派遣会社の社名と電話番号を記載することになります。

派遣元の社員に在籍が確認できれば、在籍確認がとれたということになります。

勤続年数が一年以上

「安定した収入」を得ているかどうかを判断するにあたり、勤続一年以上経過しているかどうかもチェックされます。

一年以上安定して働いているなら、今後も働き続けることができるであろうと評価されるのです。

派遣社員ですと派遣先が頻繁に変わってしまうことはありえますが、派遣元が同じであれば大丈夫です。

社会保険に加入している

派遣社員が社会保険、例えば健康保険に加入する場合、雇用契約期間が2ヶ月以上もしくは1年以上の雇用見込みがあることが条件になります。

つまり、健康保険に加入していることは、継続的に働いて安定した収入が得ている証明になるのです。

国民健康保険でも審査が通らないことはありませんが、派遣元の健康保険に加入していた方が審査に有利と言われています。

他社からの借り入れがない

消費者金融の審査に通るために、他社からの借り入れが無いもしくは少ない方が有利です。
総量規制はすべての貸金業者からの借り入れが年収の3分の1であることが必要なので、他社での借り入れがすでに総量規制ギリギリであった場合は審査通過は厳しいです。

また、複数の消費者金融に申し込んでいると、「そんなにお金に困っているのか、返済能力があるのか疑問だ」とみなされてしまいます。

消費者金融への申し込みの記録はすべてCICJICCなどの信用情報機関に登録されているので、隠し通すことはできません。

複数の消費者金融から借りることは控え、借りていた場合は完済もしくは残高を少なくしてから新しく申し込むようにしましょう。

CICの信用情報開示方法&見方|審査が不安ならやってみようCICで情報開示して審査前の不安を解消しよう 過去に延滞又は債務整理など行っていて自分の信用情報が気になる方はCICで情報開示をおこな...
JICCで信用情報を開示|見方を解説!審査が不安な方必見消費者金融の審査が不安なら申込前にJICCの情報を開示しよう 消費者金融の利用を考えている人の中で自分の個人信用情報が気になるとい...

住居年数が長いことも安定の指針

申し込み時に、居住年数、住んでいる家が持ち家なのか賃貸なのかといったチェックも行われます。

当然、持ち家の方が生活が安定しているとみなされますが、賃貸でも長く住んでいれば安定しているとみなされます。

賃貸でも引っ越しが多い人は審査が厳しくなりますし、住所不定の人は借りることができません。

収入証明書類などが用意してあるとなお良し

収入証明書類とは、自分の年収を証明できる書類のことです。
源泉徴収票、市民税・県民税額決定通知書、給与明細書、所得証明書、確定申告書などがそれに当たります。

必ず必要となるものではありませんが、

  • 1つの消費者金融から50万円を超える借入をする場合
  • 他社を含めた借入総額が100万円を超える場合

は必ず収入証明書類が必要になります。

派遣社員の消費者金融における在籍確認は派遣元であることを忘れないで!

派遣社員の所属はあくまで派遣元である派遣会社です。

消費者金融へ申し込みをする際は、必ず派遣元の会社名を記入するようにしましょう。

派遣元で対応してもらえるか確認しておくとスムーズ

あらかじめ派遣元には消費者金融から在籍確認に対応して欲しい旨を伝えておきましょう。

もし、派遣元が在籍確認に対応してくれない場合は、消費者金融に相談すると、在籍確認の代わりの対応をしてくれることもあります。

対応してもらえるなら派遣先でも可能

消費者金融業者によっては、勤務先には派遣先の会社を記入するよう指定されていることもあります。

その場合は派遣先の会社を記入し、会社には事前に在籍確認の対応をお願いしましょう。

消費者金融の利用を知られたくない場合

どうしても職場に消費者金融の利用を知られたくない場合もありますよね。

その場合は電話連絡なしで借りることができる、SMBCモビットがおすすめです。

SMBCモビット!即日融資の条件や金利・返済方法のご案内・口コミなどSMBCモビット!即日融資の条件や金利・返済方法のご案内 年齢:20歳以上69歳以下 融資額:1〜800万円 年利:3...

場合によって電話連絡が免除される場合も

派遣元も、派遣先も在籍確認の対応をしてもらえない場合、消費者金融に相談しましょう。
在籍確認がとれるような書類を提出することによって電話連絡を免除してもらえることがあります。

ただし、これは最終手段なので、まずは派遣元や派遣先に在籍確認の対応をお願いしましょう。

派遣社員が消費者金融の審査に落ちてしまう時

派遣社員でも消費者金融でお金を借りることはできますが、審査に落ちてしまうこともあります。

審査通過が厳しくなるのはどういった場合でしょうか。

過去に金融事故の記録がある

金融事故というのは借入の返済で何らかのトラブルが起きたことを言います。

長期間の延滞、クレジットカードなどの強制解約、自己破産などがあります。

クレジットカードの引き落とし日に、口座にお金が足りなくて返済遅延してしまうということはあると思います。

数日の延滞であっても、何度も繰り返すと「信用できない」とみなされ、強制解約の原因となってしまいます。

こうした金融事故は信用情報に記録が残ります。

信用情報から事故の記録が消えない限り、新しく借り入れることは難しいです。

他社の借り入れ金額が大きい

すでに他の消費者金融などからお金を借りていて、その金額が大きい場合は審査に落とされることがあります。

総量規制はすべての貸金業者からの借り入れが年収の3分の1であることが必要なので、すでに上限ぎりぎりまで借りている場合は審査に落とされてしまいます。

借り入れ希望金額が大きい

借りすぎを防止するため、貸金業者には総量規制があります。

また、派遣社員とはいえやはり正社員よりは不安定とみられ、100万円以上の借り入れは難しいです。

仮に高額の借り入れ希望額を申請したとしても、審査で減額されてしまいますし、最悪審査に落とされます。

借り入れ目的が他社返済

借金を借金で返済しようとする人は、返済能力が低い人とみなされ、新しく融資してもらうことは難しいです。

契約が切れる直前の申し込みだった

もうすぐ契約が切れて更新される予定もないことが消費者金融にバレた場合は審査に落とされてしまうことがあります。

安定した収入が得られなくなる可能性が高く、返済に不安があるからです。

もし次の契約が決まっているのであれば、その旨きちんと説明するようにしましょう。

在籍確認のアリバイ会社がバレた

勤務先に消費者金融を利用することを知られたくないといった理由で、アリバイ会社を利用する人もいます。

アリバイ会社というのは在籍確認の対応をしたり、必要書類の偽造を行います。

アリバイ会社も巧妙な手口で利用者のアリバイを作るのですが、消費者金融業者もプロです。

在籍偽造に使われる電話番号リストを共有していたり、申し込み者に対して「勤務地の最寄り駅」を質問するなどして、アリバイ会社を利用していないかどうかチェックしています。

万が一アリバイ会社を利用していることがバレれば、当然のことながら審査には落とされます。

最悪「詐欺罪」や「詐欺未遂」で訴えられてしまうことがあるので、アリバイ会社の利用はデメリットしかありません。

派遣社員でも、年収が低くても消費者金融は利用できる!

急にお金が必要になった時に、すぐ借りることができる消費者金融は便利ですよね。

派遣社員であっても20歳以上で安定した収入があれば、お金を借りることができます。
年収が低くても、総量規制によって借りすぎが防止され、年収の3分の1までであれば借りることができます。

ただ、審査を通るには過去に金融事故がないこと、他社からの借り入れがないこと、契約が長期継続していることなどが必要となります。

利用目的に即した必要最低限の額におさえ、確実に返済していけるよう計画を立てて借りるようにしましょう。