消費者金融比較

消費者金融の金利ってどのくらい?月々の返済額をシミュレーションしてお教えします!

消費者金融の金利について

「急にお金が必要になった…」「今月の生活費がピンチ」。

消費者金融は、そんな困った時の救世主。スピーディーな審査で、すぐにお金を借りることができる手軽さが人気の秘訣です。

しかし、その一方で気になるのは金利。「高い利息を請求されたらどうしよう…」といった不安を抱える方も多いのではないでしょうか。

では、消費者金融では一体どれくらいの金利でお金を借りることができるのでしょうか?実際の返済シミュレーションも織り交ぜながら見てみましょう。

大手消費者金融の金利ってどのくらい?

「消費者金融」と聞いて、大半の方が最初に頭に浮かぶのが、プロミス・アコム・アイフル・SMBCモビットなどの大手消費者金融ではないでしょうか。

まずは、この大手消費者金融4社の金利を比較してみましょう。

消費者金融 金利
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%

上記の表から分かるように、ある特定の消費者金融だけ突出して金利が高いということはなく、どの消費者金融もおよそ3%〜18%と同水準の金利幅を設定しています。

消費者金融=金利が高いというイメージを持つ方も多いと思いますが、実は消費者金融の金利は法律によって上限が決められています。

たしかに、戦後間もなくは上限金利が109%を超えた時代もありました。

しかし、社会情勢とともに幾度にも渡って引き下げが行われ、現在では利息制限法と出資法という2つの法律に基づき、上限となる20%以上の金利で融資をすることは禁じられています。

大手消費者金融をはじめ、金融庁に届け出をした正規貸金業者は、法律を遵守する義務があります。

利息制限法では上限金利を超える金利は無効、出資法では刑事罰の対象になるなど、貸金業者に罰則規定も設けられていますので、正規の消費者金融が法外な金利で融資することはないと安心して下さい。

年20%を超える融資を行っている業者は、いわゆる闇金と呼ばれる違法業者です。絶対に利用してはいけません。

また、消費者金融が掲示している金利は「実質年率」で表示することも法律で定められています。

実質年率とは、手数料や保証料などを含めた実質上の金利のこと。つまり、消費者金融へ支払う利息には全ての諸費用が含められており、利用者が利息以外の費用を上乗せして請求されることはないということです。

消費者金融の金利ってどうやって決まるの?

消費者金融からお金を借りるとなれば、できるだけ低い金利で借りたいものです。しかし、前述した表から分かる通り、消費者金融の金利には大きく幅があり、どの金利が適用されるか見当がつかない方も多いかと思います。

例えば、アコムの金利は年3.0%~18.0%ですが、誰もが簡単に3.0%で借りることができるというわけではありません。

では、適用金利はどのように決まるのでしょうか?

消費者金融の適用金利を決める大きな要因の一つとなるのが、先程紹介した利息制限法です。

利息制限法では次のように借入枠毎に上限金額が定められています。

【利息制限法の上限金利】

借入枠(利用限度額) 上限金利
10万円未満 20%
100万円未満 18%
100万円上 15%

 

消費者金融の金利は、実際の借入額ではなく、契約時の利用限度額で決まります。限度額が大きくなるほど金利が低く、反対に限度額が低ければ適用金利も高くなるのです。

では、更に実際の金利設定を見てみましょう。各金融機関はこの利息制限法に基づいて金利を設定しており、アコムであれば下記のように適用金利を決めています。

【アコムの適用金利一覧】

借入枠 適用金利
501〜800万円 3.0%~4.7%
301〜500万円 4.7%~7.7%
100〜300万円 7.7%~15.0%
1〜99万円 7.7%~18.0%

 

この表から分かる通り、3%といった低金利が適用されるのは、500万円を超える高額融資を利用できる方のみ。

限度額や金利は、年収や勤続年数等の信用力や債務履歴などを審査して決められますが、実際には最初から高額融資が承認されることはほとんどありません。

担保も保証人も不要な消費者金融にとって、今まで取引をしたことがなく、信用力も定かでない人にいきなり高額融資をするのは非常に大きなリスク。

確実に返済してくれるかどうかも分かりません。

そのため、初めて利用する方は、まず最初は低い限度額から始まり、基本的には上限金利である18%が適用されることが大半なのです。

消費者金融系と銀行系カードローンの金利の違い

カードローンは、消費者金融系と銀行系の大きく2種類に分けられます。どちらも資金使途自由の無担保ローンですが、実は様々な相違点があります。中でも、最も違いが顕著なのが金利です。

以下は、メガバンクのカードローン金利一覧です。

【メガバンクのカードローン金利】

金融機関名 金利(実質年率)
みずほ銀行 2.0%~14.0%
三井住友銀行 4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行 1.8%~14.6%

 

銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低めに設定されており、消費者金融の上限金利が18.0%程度なのに対し、銀行では最大でも14.5%前後で借入ができます。

このように金利の面で見ると銀行カードローンの方が有利ですが、その一方で銀行は審査が厳しく、時間もかかるという難点もあります。

カードローンの審査基準は一般的には公開されていませんが、銀行の方が消費者金融よりも審査の難易度は高いと言われています。

銀行では審査に通らなかった方が消費者金融なら借りることができたというのもよくある話です。

また、審査を全て自社で完結させる消費者金融は、審査は最短30分、即日融資も可能という大きな強みを持っています。

銀行は自社での審査の他に保証会社へ審査を依頼するため時間を要し、更に2018年1月より審査の厳格化のため警察庁のデータベース照会を行う工程が追加されたので即日融資は不可能になりました。

一見すると低金利の銀行で借入をしたくなりますが、審査に通らなければ意味がありません。特に、急ぎでお金が必要な方は、消費者金融を選んだ方が即日融資にも対応できるのでオススメです。

利息の計算方法

消費者金融を利用する上で是非知っていただきたいのが、基本的な利息の計算方法。支払利息を把握することで、返済計画を立てる目安にすることができます。

 

【利息計算方法】「借入残高×金利(実質年率)÷365×借入日数」

 

消費者金融の利息は日割りで計算されます。

しかし、適用されている実質年率は1年間借入をした場合に発生する利息ですので、日割りに直さなければなりません。

まずは、借入元金に利率を掛けて1年分の利息を算出。更に365日で割って1日分の利息を出します。それを借入日数分だけ掛け合わせれば日割計算での利息が分かります。

消費者金融の無利息期間について

消費者金融には無利息期間サービスというお得なサービスがあるのをご存知でしょうか。その名の通り、この期間内に借りたお金は一切利息がかからないという驚きの内容!追加で借入しても、一度完済して再借入しても、期間内なら利息0円です。
このサービスは大手消費者金融を中心に展開されており、各社で独自の適用条件や利用期間を設定しています。代表的な大手消費者金融3社の無利息サービスをみてみましょう。

【無利息期間サービス概要】

金融機関名 サービス内容 適用条件
プロミス 初回出金の翌日から30日間 プロミスの契約がはじめての方。かつ、メールアドレスを登録し、Web明細を利用。
アイフル 初回契約日の翌日から30日間 アイフルの契約がはじめての方かつ、無担保キャッシングローンを利用。
アコム 初回契約日の翌日から30日間 アコムの契約がはじめての方。

 

こうした無利息サービスを取り扱っているのは消費者金融だけで、銀行ではほとんど提供されていません。サービスを利用できるのは契約がはじめての方に限りますが、上手に活用すれば銀行のカードローンよりもお得に借入ができます。

仮に50万円借りたとしても、無利息期間内で返済できれば利息は一切支払う必要はありません。無利息期間終了後は通常の利息がかかりますが、返済負担を減らす効果は十分にありますので、是非活用してみて下さい。

消費者金融の金利を元に利息を計算

ここまで、消費者金融の金利や計算方法について説明してきました。では、ここからは実際に消費者金融の金利を元に利息がいくらになるかを計算してみましょう。

計算の基本となるのは、前述した「借入残高×金利(実質年率)÷365×借入日数」の公式。これに希望の条件を当てはめてみましょう。

例えば、「30万円を20日間借りたい」という場合。借入金額と借入日数は簡単に分かりますが、注意しなければならないのが金利です。「消費者金融の金利は借入枠で決まる」とご説明した通り、同じ金額を借りたとしても、その人の融資条件によって利息額が異なることを忘れてはいけません。

この点は少し分かりづらいので、例を挙げて説明しましょう。例えば、Aさんは30万円の借入枠で30万円、Bさんは150万円の借入枠で30万円をそれぞれ6ヶ月借りたとします。

アコムで掲示されている上限金利を当てはめると、Aさんであれば18.0%、Bさんは15.0%が適用されることになります。

 

【30万円を20日間借入する場合の利息】
・Aさん:30万円×18.0%÷365×20=2,958円
・Bさん:30万円×15.0%÷365×20=2,465円

上記のように20日間での利息の差は493円ですが、借入期間が長くなるとその差は更に拡がります。同条件で半年間借りる場合も計算してみましょう。

ただし、2ヶ月以上の利息を上記の公式で手計算するのはとても複雑なのでオススメできません。

なぜなら、借入金額から1ヶ月分の元金返済額を差し引いた残高をもとに利息を出すという計算を何度も繰り返さなくてはならないからです。

この場合は、各各消費者金融のホームページに掲載されている、返済シミュレーションを使いましょう。

 

【30万円を6ヶ月間借入する場合の利息】

・Aさん 18.0%
利息総額 15,943円
毎月返済額 52,657円

・Bさん 15.0%
利息総額 13,258円
毎月返済額 52,210円

返済シミュレーションは条件さえ入力すれば瞬時に利息総額や月々の返済額を知ることができます。同じ金額を借りたとしても、借入枠によって金利が異なるので、様々なケースを想定しながら無理のない計画を立ててみましょう。

消費者金融の金利が下がることがある

初めて消費者金融を利用する場合は上限金利が適用されるとお伝えしましたが、実はある程度の利用実績を積めば金利が下がることもあります。

増額したタイミング

消費者金融のカードローンは利用者側から増額申請をすることができ、金額次第では金利が下がる可能性があります。

例えば、30万円を18.0%で契約していた方が、100万円に増額するケースを見てみましょう。消費者金融の金利は、利息制限法で以下のように定められています。

  • 10万円未満:20.0%
  • 10万円以上100万円未満:18.0%
  • 100万円以上:15%

そのため、限度額100万円以上になる方には、必然的に15.0%以下の金利を適用しなければならないのです。
ただし、申請すれば誰でも増額や金利引き下げができるわけではありません。増額の場合も審査を受けなければならないという点は覚えておきましょう。年収などの信用力が不十分、今まで返済が遅れたことがあるなどの理由から審査に落ちてしまう可能性もあります。

消費者金融会社からの提案時

消費者金融での取引を重ね、更に遅延することなく返済を続けて実績を積み上げていくと、消費者金融側から増額の提案を受けることがあります。
この場合、あなたは優良顧客と判断されている可能性が高いので、金利の引き下げを受ける絶好のチャンスです。

金利の引き下げは最初からすぐに行われるものではありません。金利が高いと感じている方は、まずはコツコツと実績を積んでいくことから始めましょう。